Top採用情報採用情報

採用情報
RECRUIT

採用情報

※求人広告会社様へのお願い
求人広告営業のお電話は、本当に迷惑しておりますので、申し訳ございませんがご遠慮ください。

世の中には多くの会社がありますが、あなたはどんな会社で働きたいですか?

「 やりたい仕事にチャレンジできる会社 」「 仕事でもプライベートでも充実できる会社 」「 楽しく、長く働ける会社 」

そんな会社があったらいいな。と、2005年に設立した会社です。

技術力の高さには高い評価をいただいており、日々楽しく良い仕事をしよう! と前向きに取り組んできた結果、依頼が次々と舞い込んでいます。

経験やスキルももちろん大切ですが、ドラプロはあなたのやる気や人柄を重要視したいと思います。 一緒に楽しく技術を身に付け、会社と一緒に成長していきませんか?
まずは、応募から!!

ドラプロはこんな会社です

・原則残業禁止
「IT業界は残業が多い」と言いますが、ドラプロでは「長い時間働く方がよい」という考え方は持っていません。
よほどの繁忙期(年1〜2度)以外は、原則、残業は禁止です。

業務量も「残業がない前提」で考えています。
残業には事前申請が必要なので(残業するためのハードルが高い)、他の人が残っているから付き合い残業、なんてことも100%存在しません。

ただし、1日8時間という限られた時間の中で、全力で最大の成果をあげてください。
決まった時間、会社に居れば良い、という考えの人は、周りのエンジニアの冷たい視線に耐えきれず、すぐに辞めていかれてます。
・服装自由
社内で開発するのに、スーツなんて必要ありません。
(逆にどうしてもスーツが良い、というのも自由です。)
・みんなのことはみんなで
よくある「お茶出しは女の子の仕事」「掃除は新入社員の仕事」なんて風習は、ドラプロにはありません。
お茶出しや掃除も、スタッフ全員で当番制で順番にまわしています。
・能力と経験以外は、給与には関係なし
同じ能力なのに、学歴、年齢、性別によって給与が変わるなんてナンセンスなことは、しません。
純粋にあなたの能力と経験で、給与を決定します。
・育児休暇、推奨
お子さんの誕生なんて、一生に1~2度あるかどうかのビックイベントです。
ドラプロの代表取締役も育児中なので良くわかるのですが、赤ちゃんはあっという間に成長してしまいます。
だからこそ、男女関わらず、お子さんが生まれたら、ぜひ育児休暇を取得してもらいたいな、と思っています。
育児休暇を推奨しますが、強制ではありませんので、育児休暇を取得したくない、という意見もあなたの自由です。
・短時間勤務も選択できます
あなたの人生のステージに合わせた働き方を応援します。
男性社員の育児休暇取得実績もあります。
社長も育児のため短時間勤務中!社内の理解も進んでいますよ。

ドラプロの1日

一日のスケジュールを紹介しながら、ドラプロの特徴を説明します。

▼ほとんどのスタッフは8:55〜8:59の間に出社。
9時始業なので皆ギリギリですが、時間を無駄にせず、かつ時間を守る。
という習慣が自然と身に付いています。遅刻する人は、居ません。
服装はみんな自由です。

リモート勤務の人もいて、リモート勤務の人は、ハングアウトで出社します。

▼9時にチャイムが鳴り、立ちミーティングが始まります。
その日の連絡事項など約3分でミーティングが終わり、各自、業務に取りかかります。

▼もくもくと画面に向かう時間もありつつ…
▼各席で案件ごとのプチミーティングが行われます。

▼12時にはお昼休憩。
会議室でTVを見ながらお弁当を食べる人や、外食に行く人。
ショッピングセンターに買い物に行く人など。

▼13時に再び業務開始

▼シーン…という雰囲気のオフィスではなく、
仕様の確認、設計の議論など、ところどころで会話があります。

▼17時には短時間勤務の人が帰社
子育て中の人は、短時間勤務も選択できるようになっています。

▼18時にはチャイムが鳴って業務終了。
残業は原則禁止なので、皆が続々と帰り始めます。
「IT業界は残業が多い」と言いますが、ドラプロでは、1日8時間という限られた時間の中で成果をあげる人こそが優秀な人材と位置づけています。
よほどの繁忙期(年1〜2度)には残業をすることもありますが、基本、定時後は自分のために時間を使うようにしてもらっています。

開発環境や社内環境

開発環境や社内環境については、2年前の記事になりますが、ブログを書いていますので、こちらをご覧ください。
DoraproエンジニアBLOG | ゴリゴリ自社開発!プログラミングが好きな人を探しています
(こちらの募集は、現在終了しています)

募集要項

現在、募集はしておりません。

応募フォーム

採用情報
RECRUIT

チャレンジ25

当サイトは、Web標準化団体である「W3C」の標準規格に準拠した正しい文法で記述されていることが証明されています。 W3C_XHTML W3C_CSS

↑このページの先頭へ